視力回復3D 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

視力回復3D

視力を回復する方法には様々なものがあります、一般に知られているものとしては「視力回復トレーニング」「視力回復マッサージ」「視力回復レーシック手術」などでしょう。
このほかにも、日本ではまだまだ普及していないのですが、視力回復コンタクトという方法もあります。
さて、ここでは書店などでも良く見かけるようになった、視力回復3Dというものを取り上げてみましょう。
視力回復3Dとは、意味不明な模様をあるコツを使って見ていると立体的な絵が浮かんでくる、というもので、「あるコツ」を使っている時の目の働きに、視力回復の効果があるといわれています。
少し大きい書店に行くと、「視力回復によく効くファンタジー3D」「マジカル・アイ・エクササイズ」などの書籍が多数出版されているので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
 
書籍の他にも「StereoPict v0.50」というフリーソフトが出ているので、パソコンを持っている人であれば、このソフトウェアを使って自分で視力回復3Dを作ることもできます。
同じ絵を見続けても余り効果がないといわれていますので、次々と視力回復3Dの本を買うことを考えれば、自分で絵を作った方が安上がりで良いかもしれませんね。
視力回復3Dの意味不明な模様の中から立体的な絵を見出だそうとした時の目の動きに、ピントを合わせる筋肉である毛様体の過緊張をほぐす効果があるといわれています。
しかし残念ながら、度の強いメガネやコンタクトをしている真性近視や、乱視の人には効果がありません。
毛様体の過緊張が原因で近視になっている人のことを、一般的に仮性近視といいますが、視力回復3Dで目が良くなるのは仮性近視の人だけに限られてしまいます。
また、パソコンやテレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎで、仮性近視になっている子供に対して特に効果が期待できるようです。
ちなみに、意味不明な模様から立体的な絵を見るにはコツがあって、場合によっては上手くできない人もいるかもしれません。
従って、いきなり視力回復3Dの本を購入しても、自宅でやってみたら上手くいかないということが無いように、本屋さんなどでこっそり試してみることをオススメします。
ただし、視力回復3Dの効果で視力が回復したとしても一時的なものですので、継続しないと元の近視に戻ってしまうので注意が必要です。
2009/05/26(火)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。