視力回復マッサージ 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

視力回復マッサージ

視力の回復を望んでいる方は多いと思いますが、さらに視力を低下させない工夫も大切です。
視力低下の原因のひとつとして、パソコンやテレビゲームのやり過ぎによっておこる眼精疲労があります。
眼精疲労とは疲れ目を酷くしたもので、水晶体を動かす筋肉が疲労し麻痺したような状態になるもので、たとえば肩凝りのようなものと考えれば良いと思います。
この眼精疲労をとるには視力回復マッサージが効果的ですので、日ごろから習慣にすると良いでしょう。
特に初期の段階であれば非常に効果的なので、お金をかけて視力回復センターに行ったり、視力回復手術を受ける前に試してみると良いでしょう。
 
視力回復マッサージのやり方は何種類かありますが、覚えるのが面倒だったら、親指の腹で目の周辺を指圧するだけでも構いません。
このとき、眼球を触ってしまわないように注意するのが一番のポイントで、眼球を強く押してしまうと水晶体などを傷付けることになるので注意が必要です。
目の回りからコメカミにかけた広い範囲に、眼精疲労に効くツボがたくさん集まっています。
眉の上や目の下の骨をなぞるように押しながら、押す範囲を段々広げていけば、程よい感じでツボを刺激できますので試してみてください。
このほかにも、コメカミを親指で押しながら、人さし指の側面で眼球の周りを押していくのも効果的です。
余り知られていませんが、意外な視力回復マッサージ方法として頬骨の一番下を親指や人さし指で押すのも効果があります。
押してみると結構痛いので、ソフトにほぐしてあげると良いでしょう。
マッサージ前に、やけどしない程度の温かさにしたホットタオルで目の周りを温めたり、こすりあわせて温かくした両方の手のひらで目を覆うのも、血行を良くしてマッサージと相乗効果が見込めます。
いずれにしても視力回復マッサージをする際は、とにかく眼球を傷つけないように充分に気をつける必要があります。
当前かもしれませんが、爪や指先が目に入ってしまうと眼球を傷付ける原因になりますので、爪が長い人などは爪が短い人にやってもらうと良いでしょう。
裏技としてフェイス用のマッサージクリームなどを使った、目の周りのリンパマッサージがあります。
この方法だと、眼精疲労を取りながら顔のマッサージもできて一石二鳥ですよ。
2009/05/10(日)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。