視力回復手術 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

視力回復手術

目が悪くなるとメガネやコンタクトで矯正することが一般的なのですが、最近はメガネも安くなってこともあり、気軽にファッション感覚で2~3本持つことも珍しくなくなってきましたね。
しかし、メガネはスポーツなどをする場合に邪魔になってしまうことも多く、特にプロスポーツ選手などは目が悪いだけでも選手生命にも関わる場合があるので深刻な問題だと思います。
ところで、現在、視力回復手術として一番主流になっているのは、レーシックといわれる手術方法だと思います。
レーシック手術は、タイガーウッズや松坂大輔投手のような一流スポーツ選手や、ハリウッドスター、日本の芸能人などが受けたことで、比較的安全な視力回復手術として一般的にも認知されました。
また、レーシック手術は痛みが少なく、入院の必要が無いほど短期間で終わることも、人気を集めている要因だといえるでしょう。
 
さて、視力回復手術として有名なレーシック手術ですが、正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」といい、手術方法としてはいくつかの種類があります。
主なレーシック手術の種類は、手術方法によって、レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシック、イントラウェーブフロントレーシック、クリーンルームレーシック、といったものに分かれます。
当然、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあり、乱視や近視の強さによっては適応しない場合もありますので、事前に医師と相談する必要があります。
上記に挙げた視力矯正手術のほかにも、ラセック(LASEK)やフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)、PRK(屈折矯正手術)、RK手術(放射状角膜切開術)などといったものがありますが、いずれも健康保険が適用されませんので注意が必要です。
従って、一昔前より安くなってきたとはいっても、それなりに高い手術費用がかかってしまいます。
また、視力回復手術をすれば、その後、一生視力が悪くならないというわけではありません。
残念ながら、視力回復手術の種類によっては、また視力が低下してしまうこともあるようです。
もし、視力回復手術を受けたいのであれば、事前に医師のカウンセリングをきちんと受け、メリットとデメリットを把握した上で、どの視力回復手術が最も自分に適しているか良く見極める必要があります。
当然、視力回復手術を受ける病院も、手術費用などの表面的なことに惑わされないようにし、アフターケアなども含めて考えるながら、慎重に選んだ方が良いのは言うまでもありません。
2009/04/22(水)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。