視力回復トレーニング 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

視力回復トレーニング

視力が悪いと日常生活に困るだけでなく、将来にも影響してくることがあるので、できれば視力低下は避けたいものです。
また、メガネやコンタクト以外の方法で視力を回復させたい場合は、視力矯正の手術や視力回復トレーニングなど、それなりの出費も覚悟する必要が出てきます。
ところで、近視矯正手術やレーシックという言葉はテレビコマーシャルでも宣伝され始めましたし、院内感染などの医療ミスでニュースになったことから一気に認識が高まった感があります。
しかし、実は色々な手術方法があることは、意外に知られていません。
また、視力回復トレーニングにしても様々な方法がありますが、トレーニングをやりすぎると逆効果になってしまうこともあることはご存知でしょうか?
 
もし、視力回復トレーニングに取り組むのであれば、一日10分程度にとどめるようにし、なるべく毎日継続して少しづつ行うようにした方が良いのです。
視力回復トレーニングを何回も行ったからといって、劇的に見えるようになるわけではありませんし、毎日少しづつ続けることで徐々に成果が出てきます。
また、たとえ視力回復できていないように感じる場合でも、実際には今以上に近視や視力が悪化しないですんでいるのかもしれません。
しかしながら、視力が悪化していくスピードの方が、視力回復トレーニングの効果を大きく上回ってしまう場合がありますので、そのときは別の手段を考えた方が良いでしょう。
具体的な視力回復トレーニングの方法としては、眼球トレーニングが一般的です。
目を上下左右に動かし、斜めに動かした後、ぐるりと左右に回す、といった方法が主な運動内容になります。
また、意識的に寄り目にしたりしてみるのも、視力回復トレーニングとして効果があると思います。
この眼球トレーニングの次に一般的な視力回復トレーニングが、遠近トレーニング法でしょう。
目の前にポールペンや指などを突き出して、じっと見つめます。
そして、なるべく遠くのものを見てください。
またまた近くのものを見つめ、またまた遠く・・・というように、近くのものと遠くのものを交互に見ることを繰り返すことで、ピント調節のトレーニングを行います。
このほかにも、調節力のトレーニングとして、見えるか見えないかというギリギリの大きさの文字を、目を細めないようにしながら注意深く見るようにすることも有効な方法で、視力回復センターで実際にトレーニングとしても行われています。
トレーニング中は、息を止めないようにし、目を細めないように注意しながら行います。
そして、終わった後は、目を軽く閉じて休ませてください。
どの視力回復トレーニングも、基本的にメガネやコンタクトを使わない状態(裸眼)で行うようにし、終わった後は目を休息させることが重要です。
2009/04/20(月)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。