乱視の視力回復 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

乱視の視力回復

視力が悪いと一言でいっても、その原因は近視、乱視の他に、老化や病気など様々です
近視、乱視のように直接的に目が悪くなるケースは一般的ですが、視神経の病気などの影響で視力が低下してくることもありますし、老化現象による老眼のように近くが見えにくくなるケースもあります。
また、白内障や緑内障といった病気の副作用で、目が見えにくくなってくることもあります。
しかし、どのような原因で目が悪くなったにせよ、日常生活に支障が出てくることには変わりありません。
ところで、乱視の場合の視力回復は、特に症状による個別の対処法が必要になってくることがあります。
そもそも乱視とは、角膜の上下と左右のカーブの度合いが違うことで、網膜上にピントが合わないために起こります。
見ているものの像が網膜に届くまでにピントが乱れるために見えにくくなるという、屈折異常のひとつです。
 
ちなみに、乱視になるとピントが合わないため、像が滲んだように見えたり、ものが二重にだぶって見えたりします。
少し乱暴ですが、乱視が全くない人の目を丸いボールに例えるなら、乱視の人の目はラグビーボールを横から見たときのような形になってしまっているといえるでしょう。
このため、縦横の焦点が前後にズレるので、角膜を通って入ってきた映像の焦点が網膜上に合い難くなるのです。
近視にも仮性近視と真性近視があるように、当然、乱視にもいろいろな種類があります。
ただし、乱視だけが存在していることは非常に稀で、たいていは乱視と一緒に近視や遠視を併発していることが多く、このため目の状態やその人の症状に合った対処法が必要になります。
たとえば、乱視の程度が軽ければメガネを使用して視力を矯正することができますが、あまりにも乱視が強い場合だとメガネでは矯正しきれません。
このように乱視が強い場合は、コンタクトレンズの方が対応できるため、小さい子供でもコンタクトで矯正した方が良いケースがあるようです。
また、このようなケースを想定して、乱視矯正用のコンタクトレンズも作られています。
さて、現時点で乱視の視力回復に最も有効な手段だといわれているのが、エキシマレーザーを使った角膜屈折矯正手術、いわゆるレーシック手術です。
しかし、エキシマレーザーも屈折度数に制限があるため、全ての乱視の視力回復に効果があるわけではありません。
この他にも、カスタムレーシック手術という方法で、視力回復手術をした方が良い場合もあります。
このように乱視の矯正に有効なレーシック手術ですが、レーシックなどで乱視矯正手術をしても多少の乱視が残ってしまったり、乱視が再発してしまうこともあるようです。
したがって、思い切って乱視治療をする前に医師にしっかりと相談し、ちゃんとした説明を受けた上で決断するようにしましょう。
乱視の視力回復したいからといって、あまりに安い病院などで乱視治療を受けると、取り返しのつかないことになる可能性もあります。
2009/04/16(木)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。