視力回復失敗 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

視力回復失敗

視力が悪ければ何をするにも不便なので、何とか見えるようにしたいと思うのは当然のことです。
だからこそ、メガネやコンタクトといった道具が開発され、色々な視力回復法が編み出されてきたといえます。
ところで、世の中にある視力回復法に、完璧なものは残念ながらひとつもありません。
その人の目に合う合わないといった問題や、医学的な問題もあるでしょうし、金銭的なものも重要な問題としてあります。
また、効果があるかどうかと同時に、失敗しないのかも重要な問題です。
やはり、デメリットのひとつとして視力回復の失敗例を知っておくのは、色々な方法を比較をする上で良いことだと思います。
ここでは、主にレーシックなどの視力回復手術の失敗例について書いていきますので、レーシック手術を検討している方は参考にしてください。
 
まず、当然のことかもしれませんがレーシックなどの視力回復手術は、一度受けてしまうと元の状態には戻せないのです。
従って、手術ですから失敗の可能性もあることを十分認識した上で、有名人が受けているから、メガネやコンタクトが面倒だから、といった安易な理由で視力回復手術を受けてしまい、あとあと後悔しないようにしていただきたいと思います。
まず、視力回復失敗例というほどでは無いかもしれませんが、不満を感じるようになってしまった例です。

1)期待していたほど視力が回復しなかった
2)極度のドライアイになってしまった
3)光などの刺激に敏感になった

これらの事例は、意外に良くあることのようです。
手術したは良いけど、期待していたほど視力が回復しなかった上にドライアイになってしまったら、医療ミスでは無いのかも知れませんがお金と時間を返してほしくなりますね。
ちなみに、レーシック手術による視力回復は実は視力矯正でしかなくて、コンタクトをしているような状態にするだけでしかありません。
例え手術で目が良く見えるようになったとしても、近視や卵子を直接治してしまうような、根本的治療ではありません。
ところで、寝る時につけるだけで視力が回復するというコンタクトレンズなど、他の視力回復法も有名になってきています。
このように医学が発展して根本的な視力回復法が開発されたとしても、レーシック手術を受けていたために使えない、なんてことになる可能性もあるので注意が必要です。
幸いなことに、これまでレーシックを受けたために失明したという症例はありませんでした。
しかし、2009年の2月にレーシック手術後の感染症により、角膜移植が必要になるかもしれないという症例が出ています。
この例のように、レーシック手術前のカウンセリングや検査はいうに及ばず、機械の消毒・メンテナンスも行わず、感染の報告も保険所にしていないような病院で手術を受けると、視力回復どころではない失敗例になってしまいます。
レーザーとはいえ角膜にメスを入れるのですから、クリニックを選ぶ際には衛生面にも十分注意が必要ですし、安い手術料の眼科は安いなりの対応になると思っておいた方が良いのかも知れません。
2009/06/02(火)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。