日本人の視力 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

日本人の視力

目が悪いためにメガネやコンタクトをしていると、メガネが運動の時に邪魔になったり、風でコンタクトがズレたりして非常に不便です。
また、ラーメンを食べるとき眼鏡が曇ったりと、日常生活でも結構不便に感じるシーンが多いことでしょう。
花粉症の方がコンタクトしていると、目が痒くてもかけないといったこともあるようです。
このような普段の出来事の他にも、目の病気になりやすかったり、希望する職業に就けなかったりと、将来に渡って余り良いことは無さそうです。
さて、昔に比べると日本人の視力は低下していっているといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。
 
平成18年度に文部科学省が発表した調査報告によれば、視力が1.0未満の子供は、小学生では3割近く、中学生になると5割以上にのぼっていることが明らかにされています。
このような日本人の視力低下の原因には、長時間にわたるパソコンの使用、テレビやゲームなどの影響、受験勉強などによる過度のストレス、野菜不足やカロリーの摂りすぎ、運動不足、といった様々な要因が考えられるでしょう。
特に気になるのは、子供の頃から長い時間ゲームをしていたり、パソコンを使っている点で、これらの作業は確実に視力を低下させてしまいます。
このほかに考えられる最近の傾向として、携帯可能な小型ゲーム機や携帯電話なども、日本人の視力を低下させている原因のひとつといえるかもしれません。
一般に日本人は、視力が悪くなってくるとメガネをかけたり、コンタクトレンズを使えばいいと簡単に考えがちなのですが、強度の近視は網膜剥離などの合併症を生じる危険もあることを知らない人が多すぎます。
また、一度視力が悪くなってしまうと、どんどん低下していく一方ですし、特別なことをしない限り視力の回復はありえないのが現実です。
また、あまりにも視力が低下してしまった場合には、メガネやコンタクトレンズを使う以外の方法を検討する必要も出てくる場合があるでしょう。
それだけではなく、冒頭にも少し書きましたが、本人の将来にも影響してくることがあります。
例えば日本においては、視力が低下していると取れない資格や就けない職業が存在します。
中には、メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が、一定の基準に達していれば問題ないケースもありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれませんし、競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要と、眼鏡やコンタクト無しの場合の視力が規定されている職業もあることを知っておく必要があります。
更に、日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることができません。
これらは、安全面を考慮して規定されているものなので、仕方ない点もあると思います。
2009/04/13(月)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。