視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

視力回復コンタクト

目が悪くなってしまうとメガネやコンタクトが多かったのですが、最近はレーシック手術などで矯正するケースも増えてきました。
このような方法は、いずれも目を開けている昼間に施すことが主です。
ところで、目を閉じている夜にコンタクトをして視力を矯正しようという、全く逆の発想から開発されたコンタクトレンズが存在するのです。
この、「寝ている間に視力回復させるコンタクトレンズ」は、寝ている6時間から8時間ほどの間、装着し続けるだけで近視や乱視が矯正できてしまうという、目が悪い人にとっては正に夢のようなコンタクトレンズなのです。
視力回復コンタクトはアメリカで既に30年以上の実績がある視力回復法で、一般的にはオルソケラトロジーとも呼ばれています。
各人の目に合わせて特別に処方した、特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを、就寝時に装着することで角膜の形状を矯正するという仕組みで、朝起きてからコンタクトレンズを外してみると、裸眼でも良く見えるようになっているというわけです。
 
スポンサーサイト
2009/04/26(日)  | 視力回復

| 視力回復する方法|メガネ・コンタクトとサヨナラできる■TOP | 次ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。